筋トレを続けられない女子がAYAで変化!プランクでお腹を引き締め

スポンサーリンク

私は、小さいころからかなりおなかが出ていました。

おぼえている限りでいちばん古い記憶は、まだ幼稚園児だったころ、母に連れられてプールに行ったときです。

まわりの子はおなかがとてもすっきりしているのに、自分ひとりだけおなかがひどく出ていて、恥ずかしくて体を丸めて見えなくした覚えがあります。

なんで自分の水着はおなかが出ているんだろう、と親を恨みました。

おなかが出ていなければ、といつも思っていました。

筋肉女子の第一人者AYAさんを知る

最近、AYAさんという方をインターネットで見かけました。

そのとき、強く衝撃を受けました。

流行りの「筋肉女子」の第一人者だということでした。

そもそも、私は筋肉女子については、あまり知りませんでした。すこし耳にしたことがあるぐらいです。

なので、女性で筋肉をたくさんつけるというのは、ハードルが高いイメージでした。しかし、AYAさんという方は、そのハードルを乗り越え筋肉をつけ、流行の第一人者になったわけです。

筋トレをしても笑われるので続けられない

まわりの人がやっていないことをするのは、簡単ではありません。私は、筋トレがけっこう好きでしたし、男装も大好きな趣味です。ですが、あまり日頃そういった趣味を実行できていません。人とちがうことをするのは、とても怖いからです。

特に筋トレはまったく実行できていませんでした。

筋トレをしたとして、家族にも友人にも笑われますし、その状態でやりつづけてもただただつらいだけです。

私はお腹を気にしており、おなかをひっこめるには筋トレが必須だとはわかっていました。私はおそらく腹筋がないせいで胃が垂れている胃下垂なのでしょう。それでも、なかなか勇気が出ませんでした。

だから、筋トレを高いレベルで実践している女性に衝撃をうけたわけなんです。

女の人も筋トレをやっていいんだ!と、とても嬉しくなりました。

それから筋トレを強くやる気になり、現在進行形でつづけています。

日焼けして自分もAYAさんのようになりたい

AYAさんは、すごくきれいなんです。顔はもちろんですが、筋肉が、体型が、少し焼けた肌が、素敵なんです。

私は夏は毎年日焼けしているのに、日焼けが似合わないんですが、今の自分が日焼けをしているところを想像すると、なんだかAYAさんと少し似ている気がしますし、今から夏が楽しみです。

お腹を引き締めるプランク

私は、たるんだおなかを引き締める筋トレとして、プランクを主にやりました。

プランクを選んだ理由

プランクという種目を選んだのは、腰に負担がかからないらしいことが理由のひとつです。

以前、腰ではありませんが、関節がかなり痛くなったことがあり、無理は禁物だと思っています。

また、プランクは腹筋にかなり効く、とSNSで話題になっていたからです。一般的な男性でもかなりキツいらしく、苦しんでいる声をききました。

なのでかなりよく効くんだろう、と信頼し、プランクをはじめました。

男性のような、大きな筋肉にあこがれていたのも理由のひとつです。男性でもキツい筋トレだということで、とてもやる気になりました。

プランクのやり方

プランクはシンプルな種目です。次のような手順で行っています。

地面に肘をつけ、全身を前腕とつま先で支えます。

このとき、フローリングの上だと痛いので、やわらかいカーペットの上や、できればヨガマットの上だといいと思います。

そのままの姿勢で30秒間キープしましょう。

30秒間のキープがむずかしいのであれば、はじめは20秒でも、5秒でもかまわないと思います。私はそうして少しずつ時間を長くしていきました。

毎日続けなければリバウンドの危険もあると思い、続けることを第一にしてがんばりました。

実際にやってみると、なかなかキツかったですが、プランクをつづけていると、その効果を感じました。

プランクはかなり大変ですが、本当におすすめのトレーニングですよ。

(文・キザキケウ)