鍼灸師志望からパーソナルトレーナーの道へ…フィジーカー寺島遼とは

寺島遼さんをご存知でしょうか。

一度はライザップに就職し、その後、日本トップフィジーカーであるエドワード加藤選手のジムでパーソナルトレーナーとして活動されています。

ユニークなのは、自分自身のトレーニングをかなり後から始められれているところです。

鍼灸師専門学校からパーソナルトレーナーの道へ

寺島遼さんは高校生の時、部活動でサッカー部に所属しており、その部活動でのフィジカルトレーニングを続けていくうちにトレーニングに魅了されるようになりました。

鍼灸師の免許を取得するために専門学校に入学。勉強について行けずに直ぐに辞めてしまいました。その後色々考えた結果、自分がスポーツを好きであったこともあり、スポーツに携わる仕事がしたいという気持ちが大きくなり、パーソナルトレーナー養成所に入学しました。

しかしまだ自身のトレーニングに対してのモチベーションなどはなく、トレーニングは全然していませんでした。そして、資格取得後にあの独特のCMで有名なRIZAPにパーソナルトレーナーとして就職し、ベストボディジャパンの存在を知ります。

ここでようやく、大会出場を意識してトレーニングを本格的に始めました。

2019年フィジークで負けなしの寺島遼

寺島遼さんが初めて出場したフィジークの大会となった東京大会では第3位に入賞。しかし、日本大会では予選落ちと悔しい結果に終わりました。

RIZAPを退職し、エドワード加藤選手のジムでパーソナルトレーナーとして活動するようになり、JBBFという団体のフィジークコンテストに出場しました。

2019年に出場したコンテスト結果としては、アジア選手権にて優勝、オールジャパンにて優勝、グランドチャンピオンシップにて優勝、世界選手権にて優勝と負けなしで全て優勝する偉業を成し遂げました。

世界選手権に関しては、二連覇という快挙を成し遂げています。世界のレベルに引けを取らない圧倒的なフィジークで、寺島さんのステージングは、圧巻されました。

寺島さんは、世界選手権のオーバーオールにて優勝することを目標に置いていますが、大会で1位になりたいや勝ちたいというのが1番のモチベーションではなく、自分の納得できる仕上がり体重で仕上げることが1番のモチベーションとなっているようです。

(文・りょー)