スクワット

重さにこだわるスクワットでウエイトリフター山本俊樹の脚を目指す!

投稿日:

脚がとても細いので、脚を太くしいと思いネットで脚の鍛え方を見ていました。

そこで目にしたのがウエイトリフターの山本俊樹さんです。色々なボディビルダーの脚を見てきましたが山本さんの脚はボディビルダーと同等かそれ以上の脚の大きさをしています。

山本俊樹がパワーリフティングに挑戦

山本さんについて色々調べました。すると「黒船来航」という記事を見ました。それは、山本さんがパワーリフティングに挑戦するというものでした。

山本俊樹さんの元々の競技種目はウエイトリフティング。オリンピック種目でもあり、クリーン&ジャーク、スナッチの重量を競う競技です。一方のパワーリフティングはというと、BIGスリーと呼ばれる、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの重量を競う競技です。

ウエイトリフティングもパワーリフティングも共にバーベルを用い、最大重量を競うというところは同じですが、行う種目が異なるために競技特性もかなり変わってきます。

ウエイトリフティングにおいても、パワーリフティングで行うスクワットやデッドリフトは補助種目として行われています。ただ、それはあくまでもクリーンやスナッチの記録を伸ばすためのもの。スクワットやデッドリフトそれ自体の重さを追及することは基本的にはないはずです。ウエイトリフターの地力がパワーリフティングでどこまで通用するのか注目されていました。

さて、山本さんはパワーリフティングの大会は初出場にも関わらず、1試技目にスクワット250kgを上げ2試技目にはなんと日本記録を2.5kg更新する285kgを軽々とあげていました。そして、第3試技で山本さんは300kgをあげ、伝説となります。この数字は世界記録の303kgに迫る記録です。

山本俊樹、驚きのウォーミングアップ方法

また山本さんのスクワットのアップについても話題になっていました。

パワーリフティングのセッションは1グループ8~15人程度で組みます。普通は自分たちのセッションが始まるまでに選手はアップを終えます。しかし、山本さんは自分のセッションが始まってやっとアップを始めました。

山本さんのアップは70kgからスタート。立ち上ると同時に両サイドのセコンドがプレートを足していきます。そうして、1度もラックに戻すことなく70→120→170→220と僅か1分でアップを終了。その瞬間会場中が驚愕したそうです。

脚トレのきっかけとなった山本俊樹の活躍

私はこの記事を見て、唖然としました。他競技の選手がその競技の選手に圧倒的な力で勝つ姿はまさに黒船来航そのものです。パワーリフティングの選手にトレーニングとしてのスクワットで勝てるウエイトリフターはおそらくいると思います。

しかし、パワーリフティングの試合はトレーニングのスクワットとは違って競技としてルールがあります。そのルールは私も簡単な知識しかありませんが、しゃがんだ時の深さ、反動を使わずにあげるなどがあります。そして、3人の審判がその試技を審査して白旗を2人以上あげればその試技は成功です。

パワーリフティングのルールの元、結果を出したウエイトリフティングの選手は山本選手だけだと思います。その山本さんのその行動力もお手本にしたいです。

そして、山本さんがウエイトリフターという点もどこか親近感が湧きます。なぜなら、私が通っていた高校にもウエイトリフティング部があり友達にもウエイトリフターがいるからです。

なのでその友達とも山本さんの話題について話しました。するとその友達も山本さんはウエイトリフティング界でもカリスマ的な存在と言っていて、ますます山本さんに憧れました。自分も山本さんみたいに足を太くしたいと思うようになりました。

重さにこだわったスクワットを行う

私もそうですが、一般の人がウエイトリフターの脚トレを学ぶのは容易ではないと思います。まず手始めに、ウエイトリフティングの方法とは異なりますが、正しいスクワットを学ぶためパーソナルトレーニングを受けることにしました。

そこでは、スクワットはなにより、重さに拘ることと教えられました。

山本さんのスクワットのメニューを見ても低回数高重量で行っていたのでやはりスクワットは重さにこだわることが大切なんだなと思いました。

私は以前までフルスクワットでできる重量を扱っていました。しかしそのフォームだと深くはしゃがめますが高重量を扱うのが難しくなってきます。そのため、フルまでいかずにハーフで行うことにしました。

そのかわりフルで70kg×10くらいだったのをハーフで100×5くらいでセットを組むようにしました。そして、5回目が終わってすぐにパーシャルで30回くらい追い込みます。

ここで脚の余力を全て使い果たすのでとてもキツかったです。これを5セットくらい行いました。セット間のインターバルは5分程度と長めです。

私はフィジークをしています。フィジークはボディビルのように脚は評価されません。しかし、私はそれでも脚を鍛えたいです。なぜなら、脚を太くすることによって代謝があがり減量時にもいい影響をもたらしてくれるからです。

そして、全てのトレーニングの中で一番きついのは脚トレです。普段から脚トレをすることによって上半身のトレーニングがとても楽に感じます。なので、初心者の方こそ脚のトレーニングはするべきだと思います。

(文・ヒグタク)

-スクワット
-, ,

Copyright© こだわりの筋トレ方法 , 2019 All Rights Reserved.